建築紛争


住宅の購入は、一生のうちの最大の買物となる場合が多いものです。

しかしながら、建築には、設計・施工をめぐり紛争が生じる場合があります。

住宅の品質確保の促進に関する法律の施行後、従前以上に高品質な住宅の確保が要求されています。

設計図と施工が異なる、施工に問題がある、不当に追加代金を請求された等の問題にお悩みの方は、一度当事務所にご相談ください。住宅リフォーム・紛争処理支援センター斡旋人としての経験を生かして、紛争解決に努めます。

なお、建築紛争に関する調停においては、調停委員のうち1名を建築士等の専門家から選任するのが通例です。建築士等の専門家が仲裁することによって、紛争の適切な解決が図られます。

トップページへ戻る

専用サイト

債務整理相談室

交通事故相談室

医療過誤相談室

相続問題相談室

B型肝炎給付金請求