成年後見制度


成年者に対する後見制度は、高齢化社会の到来を受け大きく様変わりをしました。

高齢、病気等で判断能力の低下した方のために後見人・保佐人の選任及び任意後見契約を取り扱っています。

任意後見契約においては、あらかじめ自分が最も信頼できる人を後見人に指定しておくことができます。

ご家族の方が後見人の任務を遂行することが困難である場合は、弁護士・司法書士等の専門家が後見人(保佐人・補助人)に就任することになります。

後見人は、法律行為全般について、被後見人の行為を代理します。保佐人は、被保佐人が不適切な行動をとったときにその行為を取り消すほか、重要な法律行為について被保佐人を代理します。

トップページへ戻る

専用サイト

債務整理相談室

交通事故相談室

医療過誤相談室

相続問題相談室

B型肝炎給付金請求