医療過誤


不幸にして医療事故に遭遇してしまった場合、調停や訴訟による法律的解決が必要となります。

医療事故訴訟は専門性が高く、十分な経験を有する弁護士が処理することが必要です。

当事務所では、協力医の助力を受けながら、患者の気持ちを汲んで医療事故問題の解決と真相究明に取り組んでいます。

医療事故問題の解決は、以下のような手順で行なわれます。

1.証拠保全

診療録や診療報酬明細等の関係記録の収集を行います。証拠の散逸・改変を防止します。

2.協力医の依頼

協力医の助言を受けます。医師が患者側の立場から医療過誤問題に関与するのは大きな心理的負担があります。多忙な本務に追われながら医療事故の究明に協力することは、時間的にも容易なことではありません。協力医は、そのような中で、患者側の立場から医療記録を精査し助言をしてくれます。協力医の助力を得ることによって、責任追及の可否が概ね把握できるようになります。

3.任意交渉・調停・訴訟

事案に応じて、任意交渉・調停・訴訟の中から最も適切な方法を選択します。任意交渉・調停で解決できない場合には、訴訟へ移行することになります。

詳細は医療過誤関連の専用ホームページへどうぞ
医療過誤問題のご相談

トップページへ戻る

専用サイト

債務整理相談室

交通事故相談室

医療過誤相談室

相続問題相談室

B型肝炎給付金請求