交通事故


不幸にして交通事故に遭ってしまった場合、慰謝料、休業補償、治療費、後遺症認定その他多くの事項について、賠償問題が生じます。

しかし、加害者と保険会社は必ずしも十分かつ妥当な金額の損害賠償をしてくれるわけではありません。被害者と損害賠償問題のプロである保険会社とでは圧倒的力量差があります。

事故によって精神的にも肉体的にも大きな痛手を被っている中で、被害者が保険会社に対して、自己の権利を貫き通すことは容易ではありません。時には、加害者や保険会社の心ない言動によって、二次的な心の傷を負ってしまうこともあります。

そのような時に力になることができるのが弁護士です。弁護士を代理人に選任することによって、初めて保険会社と対等な立場で交渉することが可能となり、適切かつ十分な賠償を得ることができるようになります。

認定された後遺障害等級、保険会社から提示された賠償金額に納得ができない場合、ぜひ一度弁護士にご相談下さい。

詳細は交通事故関連の専用ホームページへどうぞ
交通事故被害の損害賠償問題

トップページへ戻る

専用サイト

債務整理相談室

交通事故相談室

医療過誤相談室

相続問題相談室

B型肝炎給付金請求